Print Shortlink

扶養内で働く主婦が気をつけるべきこと

家にいながら、家事や育児と両立し、IT系個人事業主として家でパソコンを使って仕事をし、家計の足しにしたり、小遣いを稼ぎたいと考える主婦の方は多くいます。
稼げるということは、自分の能力を認められているということでもあります。
家事や育児に差し支えのない範囲ならば、どんどん稼ぎたいと考える人もいるでしょう。

しかし扶養の範囲内で働くのであれば、収入は一定の金額に一年を通して抑える必要があります。
具体的には103万円の壁と、130万円の壁です。
まず103万円未満の収入の場合は、税金も発生しませんし、控除を受けることもできます。
健康保険を支払う必要もなく、住民税や所得税を支払わなくても良いなど、大きなメリットがあります。
また配偶者の働く会社によっては、扶養している家族によって手当が支給されることもあるので、経済的なメリットは大きいです。
一方103万円を超えても、130万円未満ならば、所得税は発生するものの、保険や控除などのメリットはあるので、稼いでも多少税金が発生するだけで済みます。

しかし130万円を超えてしまうと、保険料や住民税の支払い義務が発生し、手取りが大きく減ってしまいます。
また扶養から外れるとその手当がもらえなくなることも多く、控除も受けられません。
このことからIT系個人事業主の主婦の方は、仕事の量を一年間の稼ぎの合計額を見て、コントロールしながら働くようにしましょう。
特に年末は仕事が増えやすいので、注意する必要があります。

Leave a Reply